DaTQUANTにおけるパーキンソン病と正常者のカットオフ値の検討

岡山大学病院 神経内科 助教
佐藤 恒太 先生

岡山大学 大学院 医歯薬学総合研究科 放射線医学 准教授
佐藤 修平 先生


123I-FP-CIT SPECTが本邦で保険収載されて以降、パーキンソン病(以下PD)におけるドパミン神経の脱落を鋭敏に定量画像化する手段として、日本全国の病院で123I-FP-CIT SPECTが利用されるようになった。

【続きはこちらから】コンテンツをダウンロードする

コンテンツを入手