進化した逐次近似応用再構成(ASiR-V)の物理的および
臨床的な初期評価

東北大学病院 診療技術部 放射線部門
佐藤 和宏 様

宮城県立がんセンター 診療放射線技術部
後藤 光範 様


逐次近似応用再構成(以下、IR応用)法は解像度を維持したまま画像雑音を低減することが可能とされてきた。しかし、これらの報告にある解像度の評価は高CNR (contrast-to-noise ratio)の被写体における測定結果であり、非線形挙動を示すことが知られている。

【続きはこちらから】コンテンツをダウンロードする

コンテンツを入手