愛知医科大学医学部麻酔科学講座
藤原 祥裕 先生

世間の医療の質に対する要望は高まるばかりである。われわれ麻酔科医にはそうした要望にできる限りお答えし、安全かつ快適な周術期医療を提供し、早期に回復・退院できるようにする責務がある。また、外科医にも良好な手術環境を提供し、手術の遂行を支援しなければならない。一方で、病院経営の観点からすれば、麻酔からの覚醒時間を短縮し、手術室の回転率を改善するとともに、周術期の合併症を減らし、術後回復を促進することによって、在院日数を短縮させることが求められている。


【続きはこちらから】コンテンツをダウンロードする


 

汎用超音波画像診断装置 Venue 50