[ロゴ] Vscan - ドクターが求めたすべてを、ポケットの中に。

[バナー] 購入/レンタルのお申込み
お問いあわせはこちらまで 0120-801-833

[イメージ]FAQ

Vscan Dual Probe のFAQ

製品全般・位置づけについて

Q. Vscanという名前の由来はなんですか?

A. Visual + Scan = Vscanです。

Q. これまでの超音波診断装置の超小型版と考えていいですか?

A. Vscanは、「聴診器のように使えるエコー」というコンセプトのもとで開発されたポケットエコーです。
画質は極力落とさないようにしながら、出来うる限りの小型化を図っています。そのため、据置型装置などでは搭載されている機能の多くは省かれています。プローブも標準搭載のプローブのみで、ユーザーによる交換はできません。また例えば産婦人科領域では、距離計測は行えますが、その計測された距離から妊娠週数を計算するプログラムは搭載されていません。よって、従来の超音波診断装置の完全な代わりになるものではありません。
その代わり、文字通りポケットに入れられるVscanのコンパクト性は、まさに「聴診器のように」何時でも、何処ででも、超音波検査を行うことを可能にしてくれます。

Q. 薬事を取得していますか?

A. 2009年12月に汎用超音波画像診断装置として薬事認証(第221ABBZX00252000号)を取得しております。

臨床面について

Q. どのような使用を想定していますか?

A. 外来、病棟、集中治療室、救急外来といった院内はもちろん、院外における在宅診療、救急医療、災害医療など、据置型装置では検査が行えなかったり、スペース的に厳しかったような環境下では特に有用にご活用いただけると思います。

Q. 対象となる診療科、診断対象となる疾患はありますか?

A. 幅広い診療領域、条件下で使えると考えています。
Vscan Dual Probe では身体所見における、腹水や胸水の有無診断や、高齢化社会を迎えた在宅医療における認知症患者さんの排尿障害時での尿貯留の有無などの院外での検査はもちろん、脾臓、腎臓、肝臓、大動脈、心臓、産婦人科領域における胎児画像の描出などに加え、頚部動静脈、甲状腺、四肢血管、鎖骨下静脈、四肢の血管、整形外科領域なども観察していただけます。Vscanがあれば、見たい時にその場で超音波検査を行うことができます。

Q. 整形領域・靭帯や腱・頚動脈などを診たいのですが、使えますか?

A. Vscan Dual Probe には浅部用の高周波リニア探触子が搭載されました。表在臓器の観察にご利用いただけます。

Q. どの様な部位に対応していますか?

A. Vscan Dual Probeの深部用セクタ探触子では、心臓、腹部、産婦人科、肺の各領域、浅部用の高周波リニア探触子では、血管、軟組織、肺の各領域でご利用になれます。

Q. 通常の超音波診断装置として使用できますか?

A. 3.5インチ液晶にて、断層像および、2次元血流像の描出が可能となっています。

Q. Vscanでの診断は保険償還されるのか? そうなら保険点数は?

A. 汎用超音波画像診断装置としての薬事認証(第221ABBZX00252000号)を取得しており、また特定診療報酬算定医療機器の区分「超音波検査(Ⅰ)」の保険適応を受けております。

Q. 保険点数の申請をしてもOKか?

A. 申請につきましては、ご施設の判断となります。詳細は管轄の社会保険庁のご判断となりますので、そちらへお問い合わせください。

製品のスペックについて

Q. 製品のサイズ、重量を教えてください。

A. Vscan Dual Probeの本体は、135(D)x73(W)x28(H)mm、重量わずか436gと小型・軽量を誇るエコー装置です。

Q. バッテリー動作時間はどの程度ですか?

A. バッテリー駆動はVscan Dual Probe では連続使用にて60分です。(新しいバッテリー、フル充電時。Bモード80%、カラーモード20%と仮定した場合)

Q. 立ち上げの方法・時間を教えてください。

A. ディスプレイを広げるだけで起動させることができ、約25秒後には診療の準備ができます。

Q. スキャンモードについて教えてください。

A. ・2Dモード(Bモード)Harmonic Imaging
・カラーフロー(CF)モード
となります。

Q. 画像保存方法は?

A. 画像保存はmicroSDもしくはmicroSDHCで最大32GBです。
データ保存 ・ 静止画:JPEG形式
動画:MPEG-4形式
音声メモ:WAV形式
本体上での保存データの再生及び削除が可能

Q. 静止画像で何枚くらい保存できますか?

A. 保存画像の設定や種類にもよりますが、1静止画像あたりの容量は20KB前後です。本体には標準で4GBのMicroSDが挿入されていますので、単純計算では約20万枚程度と推定されます。

Q. 動画像でどのくらい保存できますか?

A. 保存画像の設定や種類にもよりますが、1動画あたりの容量は500KB前後です。本体には標準で4GBのMicroSDが挿入されていますので、単純計算では約8.000枚程度と推定されます。

Q. RAWデータで出力できますか?

A. RAWデータではできません。

Q. 周波数を教えてください。

A. Vscan Dual Probe では、
深部用の電子セクタ探触子が1.7〜3.8MHz
浅部用の電子リニア探触子が3.4〜8.0MHzです。

Q. Mモードはできますか?

A. 対応していません。

Q. パルスドプラーや連続波ドプラーはできますか?

A. 対応していません。

Q. プローブケーブルが細いのですが大丈夫ですか?

A. 軽量化をはかるため、細型フレキシブルケーブルとなっています。通常使用で問題ありません。

Q. 細かい画像調整はできますか?

A. Vscan Dual Probe では、深部用電子セクタ探触子では4種のプリセット(心臓、腹部、産婦人科、肺)、浅部用電子リニア探触子では3種 のプリセット(血管、軟組織、肺)が選択でき、それぞれの部位において最適な画質調整が事前に設定されています。
また、ユーザーに調節していただける項目としては、ゲイン調整、カラーゲイン調整、表示深度変更、ATO(Auto Tissue Optimization)機能の実行、などがあります。

Q. 一本のプローブで本当にいろいろな部位に対応できるのですか?

A. Vscan Dual Probeに搭載されているDual Probeは、1本のプローブの両端に、深部用電子セクタ探触子と浅部用電子リニア探触子の2つが組み込まれており、簡単な操作で切り替えてご使用いただけます。 深部用電子セクタ探触子には、心臓、腹部、産婦人科、肺の4つのプリセットが、浅部用電子リニア探触子には、血管、軟組織、肺の3つのプリセットが準備されています。

アフターサービスについて

Q. 故障した場合にはどのようにしたらよいですか?

A. GEのカスタマーサービスセンターにご連絡ください。

Q. 保証期間はありますか?

A. Vscan Dual Probeの保証期間は3年となります。

  • 【期間限定キャンペーン】ハンドブックプレゼント
  • Vscan Extend R2 デモキャンペーン実施中

PAGE TOP