ホーム > なぜ今、ABUSが必要なのか

乳がん罹患のピークは40代後半~60代。

女性の部位別がん罹患率において、1999年以来、常に第1位となっている乳がん。

2010年全国推計値での新たな罹患数は6万例を超えており、女性が一生の間に乳がんになる確率は8%、12人に1人が罹患し、死亡率も人口10万人に対し約19.4(2012年)と、引き続き高い水準にあります。

また、罹患率のピークは40代後半~60代であり、減少傾向にある生産年齢人口の観点からも、さらなる早期発見・治療の重要性が高まっています。

年齢階級別乳がん罹患率 2010年

※1 独立法人国立がん研究センター がん対策情報センター
    年齢階級別罹患率2010女性データより

今なお伸び悩む、乳がん検診の受診率。

一方、ピンクリボン運動や行政の取り組み等により乳がん検診受診率は徐々に増えてきてはいるものの、2010年度では、40歳以上の方で24%程度、若年層となるとさらに受診率が低くなると見込まれ、いまだ普及するまでには至っていないというのが実情です。

GEの独自調査※3によれば、検診を受けていない理由として、「面倒」「時間がない」「痛そう」「恥ずかしい」といった声が多く聞かれました。

乳がん検診受診状況(40歳以上)

※2 独立法人国立がん研究センター がん対策情報センター
    全国(2010年)男女別がん検診受診率(40歳以上)の推移グラフより
※3 2014 GEヘルスケア・ジャパン「乳がん検診に関する調査」より

雪山の中で白うさぎを探すようなもの!?
検出を困難にするデンスブレスト。

乳がん検診率の低さに加え、早期発見の障壁となる要因として、発達した乳腺構造により乳房領域が真っ白に覆われる「デンスブレスト」の課題が挙げられます。

欧米人に比べ、日本を含むアジア人の乳房に高い頻度で見られ、50歳以下では80%近くもの女性に見られるというデータも。

マンモグラフィによる撮像では病変部が白く描出されるため、判別が非常に難しくなります。

こうした弱点を補い、見落としを防ぐためにも、超音波との併用検査が重要ですが、一方、超音波検査には熟練のスキルを要するのも課題です。

高密度乳腺(Dense Breast)の割合

※4 1Boyd et all,England Jounal of Medicine 2007:356:227-36
    ”Women with dense tissue in 75% or more the breast have a
     risk of breast cancer four to six times as great as the risk among
    women with little or no dense tissue.”